【7月】Kataragama Perahera Festival

カタラガマペラヘラフェスティバル

町の道路を旅するフェスティバルの行進である「ガタラガマぺラヘラ」は、エサラ・ペラヘラの小包を神のスカンダ(Kataragama Deviyoとも呼ばれる)に敬意を表しています。この伝統的な年次イベントには、無数の信者や訪問者が集まります。

エサラ月のポヤデー

毎年7月末から8月にかけての2週間、南部最大の神社であるカタラガマ寺院を中心に盛大に行なわれるお祭りです。カタラガマ神は地元の人々に取っては仏教神の一人とされているのですが、実はヒンドゥー神「スカンダ」(韋駄天)で、クジャクに乗った美少年という神様です。その為、このお祭りは大変ヒンドゥー色が濃いお祭りで、キャンディペラヘラとはまた違ったスリランカの文化を楽しめます。地元の人々にも大変信仰され、人気のあるカタラガマ神社のこのお祭りは毎年大盛況です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。